未来都市TOKYO

e0069024_17534415.jpg

20XX年への序章。
戦後、身につけた古い皮膚であるビル群や小規模な建築物を脱ぎ捨て、高層ビル群や巨大建築物という新しい皮膚をまとい始めた東京・・・

『NODE』ってアート雑誌で...

■榎忠 ENOKI Chu(現代美術家)■
1944年香川県生まれ。60年代後半から関西を中心に活動。代表作《半刈りでハンガリーへ行く》をはじめ、自宅やその周辺の環境全てを会場に開催した個展「EVERYDAY LIFE MULTI展」(1977)やJR神戸駅の高架下で発表した「GUILLOTINE1250 <ギロチンシャー>」(1994)など美術館やギャラリーに限ることなく発表を続ける。今秋「ギュウとチュウ 篠原有司男と榎忠」(豊田市美術館)へ出品。現在も神戸を拠点に制作を続けている。

まあとにかくCHECK THIS OUT
e0069024_1853389.jpg

うちの近所はシンプルです。星空で酒飲めます。

INFO AND TEXT BY NODE AND ENOKI Chu オフィシャルサイト

by toshtky | 2008-03-24 18:09 | ART  

<< COUNT THE DAYS 29 >>