<   2006年 12月 ( 16 )   > この月の画像一覧

 

良いお年を!

e0069024_16362458.jpg

by toshtky | 2006-12-31 16:37  

来年の予定

来年、待望の新会社を立ち上げる。
1月13日の大安と考えてたんだけどいい物件が見つからず2月22日の大安に持ち越し。
大阪の会社立ち上げも8月8日だったし、SOUND的に222の方がいいやね。
商標登録等を終え、後は登記だけ。

2007年は猪年。わたくし、年-tosh-男でございます。
猪の年は猪の様に突き進む年。
例年、株価が上がり好景気な年といわれている。
この波に上手くTAKE OFF出来るかな?!
e0069024_14113415.jpg
                    事業内容は内緒ですww 

by toshtky | 2006-12-29 14:28 | LIFE  

忘年会シーズン

おいっ!これ振り過ぎだろ~っ!
昼仕事で新宿に行ったんだけど、ズボンは勿論靴下までびちょ濡れですよ。
今晩、忘年会なんだけど濡れ濡れ状態での参加予定となりますww
行きたくねぇ~~!

さてさて本題。
ここ最近、毎晩の様に忘年会。
28,31日以外全てブッキング済。
肝臓クタクタですよ、本当。

皆さんの忘年会スケジュールは如何?
e0069024_17271264.jpg

PICは先週末地元の忘年会後、オーストラリアCREWと飲み上げて…
俺の十八番、爪楊枝刺してやりましたww

by toshtky | 2006-12-26 17:17 | LIFE  

八丈TRIP⑤ 島焼酎

当然、島でも飲んで…
帰ってきても飲んで…
本当、飲みネタには尽きません。
一昨日は3時半…
昨晩もやっちゃった…
高崎で大暴れですよ。4時半?!んっ?!
記憶ないっすww
e0069024_22322420.jpg

はいっ!本題の島焼酎。
貰い物&購入した焼酎の数々。
うちの中、ちょっとした酒屋って感じ。
e0069024_22325085.jpg

純良八丈焼酎『黒潮』よ~く、下の方を見てください!
『I LOVR ROCK’N’ ROLL』?!意味解んねぇ~~!
酒屋さん情報だと坂下酒造の息子さん、大の矢沢永吉のファンだそう。
先代に内緒でラベルに… って思いっきりばれますよねww
勝手にROCKして相当怒られたそうです。
e0069024_223356.jpg

お次は『JONNALIE』
黒潮、ブランデー、シェリーetcを樽でブレンド。
銘柄はその息子さんの奥様の名前。
ROCKしてますねぇ!
最高♪(矢沢風)

しかしさ、なんで島焼酎は麦と芋のコラボなんだろう?!

by toshtky | 2006-12-22 22:36 | TRIP  

八丈TRIP④ 出会い

初日、金曜の夜。
盛大な歓迎会を郷土料理で有名な『厨』(くりや)で開いて頂いた。
いい感じで島料理を摘みにBEER&島焼酎が進むと春日のママが席を絶ち、根回しが始まる。

内地で招待した時もそうだった。
『アレ~?!あの人島の人じゃない?!』なんて、上野のとある雑居ビルに佇むアイリッシュパブに島人が居るはずがない。しばらく席を絶つと満面の笑みで『やっぱり島の人だった。あの人ね、青ヶ島の… お店にも良く来てくれるの。』
また席を絶ち、なにやら交渉に入る。『あの人ね… 上野で○×△×やってて… TOSHさん、こっち来て!』
こんな感じでお互いを紹介する。要するに、彼女は根回しの女王なのである。

案の定、店の隅から『TOSHさん、こっちこっち!』と、お呼びがかかる。
遠目にがたいのいい、スキンヘッドにした経済ヤ○ザさんみたいな男が女性と食事をしているのが見えた。近づいて、『どうも!東京から来たTOSHです。』
春日のママに急かされ、うちの店舗の連絡先と地図を書いて『今度、東京にいらっしゃった際は是非お立ち寄りください!』って笑顔で応えた。
彼も見かけによらずフレンドリーな対応だった。
席に戻ると、ママ始まっちゃったねwwという様な目で皆顔を見合わせた。
食事が終わり、二次会っ二次会!って盛り上がり一路伊豆諸島に類を見ないオーストラリア人経営のパブへ。彼の話はまた次回にしよう。
e0069024_16463633.jpg

散々飲んだ暮れて三次会はママの店。
根回しの本拠地だww 今回も何人紹介されたか解らない。ある意味、うちの広告宣伝塔?!
ありがたい話である。
カラオケを熱唱熱踊してると先程のカップルが店に現れた。
そう、出会いである。
『先程はどうも!』ってお互いに話し合っていると同じ年というのが判明。
さっきまでの作られた敬語が嘘の様。
まさにこの野郎、馬鹿野郎の世界だ。

タカシは奄美大島出身の釣り馬鹿で嫁のトモちゃんと移り住み数ヶ月。こよなく海を愛する海楽人だ。釣りを熱く語る顔はまるで経済ヤ○ザww いい~顔してるんだ。
そんな彼等と毎晩の様に飲み明かした。
会うべきして会った仲間だ。

by toshtky | 2006-12-21 12:56 | TRIP  

八丈TRIP③ 手土産

コレ持って行きなさい♪アレ持って行きなさい♪って俺等、両手に大荷物を抱えて帰ったんです。仕舞いには手荷物大変だから宅急便で送ればだって?!
もう、本当勘弁してください!って断ったんだけど『大人の言う事を聞きなさい!』って怒られた。
なんでか解んないんだけど『福岡』の明太子wwから始まって、島唐辛子、しし唐、ピーマン、明日葉、明日葉蕎麦、サツマイモ、飲み切れない程のお茶に4年物の島焼酎etc
e0069024_1221478.jpg

e0069024_1222060.jpg

釣り人のタカシ&トモちゃんなんて、自家製のムロアジの干物を空港までわざわざ届けてくれてさ… 涙涙涙
とにかく至れり尽くせりで、どうお返ししたらいいんだろ?!本当…

by toshtky | 2006-12-21 12:26 | TRIP  

八丈TRIP② PIC

今回、あんまりPICらなかったんだ…

順不同ですが、まずは食べ物からっ
e0069024_1424364.jpg

お約束のくさや。これが臭いなんのって!でも八丈のは大した事ないんだって。新島のは強烈で八丈の人も無理なんだって。私は、どちらに転んでも絶対無理ww
ちなみにうちの従姉妹へっちゃらでした。
e0069024_14534049.jpg

島寿司。ALL付けでからしで頂きます。
e0069024_1456887.jpg

釣りを見に行ったんだけど、防波堤からマグロが取れた話も聞いた。凄いよね。
e0069024_14582666.jpg
e0069024_14583564.jpg

今回のTRIP中、雲が多く夏に見た夕日は拝めなかった。
e0069024_15125218.jpg

裏見ヶ滝温泉。¥ただです¥
e0069024_15135019.jpg

温泉の周りはシダだらけ。でかっ!
e0069024_15142648.jpg

最終日、ヒナさんのお友達の畑で芋、ストレチア、明日葉&パッションフルーツを貰った。
e0069024_15155591.jpg
e0069024_1516635.jpg
e0069024_15161824.jpg
e0069024_15162861.jpg

by toshtky | 2006-12-20 12:19 | TRIP  

八丈TRIP① 感謝

まず驚きたのがこの時期、半袖でOK!って言い過ぎ?!
空港に迎えに来てくれた『ヒナさん』に「あんた達、なんって格好してるの?」って笑われた。
俺等というとダウンジャケット、マフラー&ニットキャップ。
一発で島人じゃないのばれるってww
e0069024_13592053.jpg

            民芸品屋で見つけたサーフロボ。一人だけ金髪だったww
海はというと、生暖かく秋口の湘南って感じ?!
ロンスプで十分です。
サイズは初日、肩セット頭で極上です。
日に日にサイズダウンしたものの十分遊べるFUN WAVE。
まあ、日頃の行いが良いからねww

ナイトライフというと… うぅっうぷぅっ!
はいっ!毎晩島焼酎2本ペースとゴリゴリ飲みました。
今日は早く寝ようって毎日心掛けるもののね…

今回も最高の出会いあり、優しさに包まれて帰って来た訳です。
お世話になった、ヒナさん、春日ママ、JOYちゃん、ミミさん、早苗さん、アキさん、金兄&NEW FACEのタカシ、トモちゃん&スコット夫婦。本当、ありがとうございました♪
取り急ぎ、お礼まで。
e0069024_13594525.jpg

            -おまけPIC- 噂の島唐辛子。かわいくない?!

by toshtky | 2006-12-20 07:48 | TRIP  

八丈島始姐伝説

12月のこのクソ忙しい時期に、行ってきましたよ♪八丈島。
いや~、マジどっぱまってるんです。
今回のTRIPも、はいっ!島は裏切りませんでした。
島は勿論、島人最高なんです。
おまけに波もパーフェクトってどう?
本当は教えたくないんだけどねww
詳細は次回のブログにて。

まずは八丈のルーツからっ!

『大津波はすべてを流し去った-タナ婆伝説』
 大昔の事、この島を大津波が襲い、全てが流しされてしまったとき、身重の女性タナは、漂っていた船の爐にすがり大賀郷・河口の岸に打ち上げられて息を吹き返した。
自分の他に誰一人生存者の居ない事を知ったとき、タナは絶望の淵に突き落とされますが、お腹の子に勇気づけられ、やがて月満ちて男の子を出産しました。子供がすくすくと成長して一人前の男性になったとき二人は夫婦となり、それから子孫が繁栄するようになったというのがタナ婆(爐抱み長女)の伝説です。
 1869年流罪となった平川親義は、近藤富蔵の『八丈実記』でタナ伝説を知り、たいそう驚きました。
母子相姦はタブーに違いないが、タナがいなければ島人の血脈が絶えていたのだと考えると、不思議な感動がわいてくるのでした…

研究者によると、タナ婆伝説のような母子相姦の神話は、西南太平洋の島々に住む民族に広く伝わる始祖伝説の一類型で、黒潮のもたらした文化の影響と考えられるとのことです。

このようなルーツを語る珍しい伝承は、フィリピン東方から台湾・琉球諸島を経て九州・四国・紀伊半島に沿って太平洋西岸を北上する黒潮が、幾つのも文化的要素を溶かし込み、八丈に届けられたと考えられているそうです。

TEXT BY 『8joるんるんガイド』 VOL.5 むかしみちさんさくより

by toshtky | 2006-12-20 00:03 | TRIP  

縁起弁当

e0069024_16414680.jpgお弁当シリーズ第三弾。
米原駅にて、『御出世あそばせ』
戦国の世で、夢をかなえた二人の歩みは北近江から始まった…
e0069024_16415299.jpg


湖北ゆかりの山内一豊・千代に因み、出世と幸いを願った縁起の良い当地の料理が詰め合わせてある。


赤・白飯 出し巻き卵 かまぼこ うるめイワシ 赤蕪の漬物 くわやき
小芋 八幡こんにゃく だいこんの贅沢煮 海老の天ぷら ふき 鮭 もち

■山内一豊■
http://www5.inforyoma.or.jp/~appli/monogatari/yamauti.html

by toshtky | 2006-12-13 16:39 | TRIP